会社概要

社名

合同会社Dresh

本社

〒153-0062
東京都目黒区三田1丁目

代表者

代表社員 木下和紀

事業内容

経営コンサルティング業務
インターネットを利用した各種情報提供サービス及びマーケティングリサーチ業務
貿易業、売買業、売買の代理業、問屋業及び卸売業
セミナー、講演会、イベント等の企画、立案及び実施
セールスプロモーション、キャンペーンの企画、演出、制作及び運営

代表挨拶

はじめまして、合同会社Dresh代表の木下和紀と申します。

このサイトのコンセプトは「宝の地図」デス(^_-)-☆

Dreshでは、ビジネスシーズアナリストとして世界中からお宝となる商品・情報・人物を探しております。
宝探しを進めていく際に必要なのが、”地図”と”コンパス”です。

そこで、HPも宝の地図をイメージして、遊び心を出してみました。

日本人は真面目に考える癖があります。
特にビジネスになると、眉間にしわを寄せてしまう方も多いはず。

でも、私はこう考えてます。

『楽しめば楽しいことが楽しみ事を連れて楽しみにやってくる』

そう、自分自身が楽しんでビジネスを行うことで、
その楽しさをお客様にもお伝えすることができると。

なので、ビジネスにおいても遊び心を楽しみにしています(^0_0^)

■ 夢が人生を創るのだ!!

「俺、夢がないんだよね。」
そんな言葉を良く聞きます。

私自身も、以前は夢がなく、ただただ一日を過ごす日々を送っていました。

でも、これではいけないと自分自身を鼓舞し、行動してきた結果、 今では胸をはって言える夢が見つかり、その夢に向かって突き進んでおります。

私の夢、それは、
「ディズニーを超えるテーマパークを創ること」

そのテーマパークの名前は、
『Dresh world』

夢がない状況から、行動してきて結果として夢を見出すことができる私だから言えることがあります。
それは、「だれしもが夢のかけらを持っているということ」です。

皆、夢がないわけではないのです。
夢を語り慣れていない、もしくは、忘れてしまっているだけなのです。

そして、夢は絶対に再び見出すことはできます!

「学習性無気力症候群」という病気をご存知でしょうか?
大人になればなるほど、やっても無駄だということを学んでしまい、 夢を見ることを忘れてしまうのです。

そう、心に蓋をしてしまっている状態なのです。
これは多くの方が無意識にかかっている病気の一つなんですね。

この心の蓋を開けるには、
”内からのノック”と”外からのノック”の2つの力が必要です。

内からのノックとは、自分自身で「変わるんだ!」という決意、そして行動。

そして、外からのノックとは、周りの環境です。

人間は一人でできることには限界があります。
だからこそ、環境=周りの人々 の協力が絶対に必要となってきます。

このHPが、あなたの心の蓋を開ける外からのノックのきっかけになれば幸いです(^0_0^)

■最後に

あなたが変わればあなたの未来が変わります。
あなたの未来が変わればあなたの周りの未来も変わります。

今、何を想い、何を決断し、何をしているか?
未来は、“今”の連続が形為すものです。

決めなければ始まりません。
始まらなければ終わりません。

想いを形に、夢を形に。
人生なんて楽しんじゃいましょう!!

『人生に夢があるのではない
 夢が人生を創るのだ!!』

Dresh代表 木下和紀

特定商取引表記

お支払い方法 クレジットカード・銀行振込

その他の費用 商品ごとに明記

送料 商品ごとに明記

不良品について お届け日より7日以内にご返品いただいた場合に限り、弊社の送料負担にて良品と交換します。パッケージの不良又は発送途上の事故以外の理由によるキャンセル・返品・交換はお受けできません。

不良品返品送料 弊社負担

商品お届け時期 在庫のあるものはご注文確認後3営業日以内に発送いたします。

プライバシーポリシー

Dreshでは、お客様の個人情報の保護を重要事項と捉え、 これを尊重し適切な保護を行う為に下記のプライバシーポリシーを定め業務に当たっています。

Dreshでは、お客様より提供を受けた個人情報及びアンケート内容については、 厳正な管理の下に保管し、弊社の管理業務においてのみ利用いたします。 お客様の許可があった場合、またはこちらが必要と判断した場合はこの限りではありません。

お客様からご提供いただいた情報についてはDreshの管理の下で 責任を持って取り扱うようにしています。何か疑問がありましたらお問い合わせください。

mission1 会社概要

英字新聞
「JapanTimes」に掲載 japantimes ジャパンタイムズ 木下和紀

日本最大級の起業家
インタビューサイトに掲載起業家 木下和紀 学生 インタビュー